ビザ申請

最もハードルが高いのがビザ申請です。

学生が取得できるビザとしては、

学生ビザ、大学準備ビザ、語学学校ビザ、(ワーキングホリデービザも)があります。

大学準備ビザや語学学校ビザは年数や就業にいろいろな制限がありますが、学生ビザは在籍期間とることができ、就業制限も全日労働120日、半日労働250日、専門領域には制限なしです。

 

ここでは、主に私が取得した学生ビザ、さらに家族帯同ビザについて説明したいと思います。

学生ビザを取得するためには、学校の入学許可書と、さらに生計保障の証明をしなければいけません。

生計保障の証明は、以前は費用負担証明書というのを日本の両親などに頼みドイツ大使館で書いてもらうことができたのですが、2018年からできなくなってしまいました。

それ以前に取得した方は3年間有効ですのでそのままビザ更新の際に有効に使えるかと思います。

 

そのため、Sperrkontoによって生計費の証明をする必要があります。

 

その金額ですが、学生一人当たり月720€、年間8640€必要です。

 

さらに私のように家族帯同の場合はさらに複雑です。

ハンブルグ市のHPにアップロードされている書類、

Berechnungstabelle zum lebensunterhalt bei familiennachzug

こちらから

によると家族帯同の場合の生計費の計算は

世帯主 416€

18歳以上の世帯構成員 332€

子ども(14歳から17歳) 316€

子ども(6歳から13歳) 296€

子ども(5歳まで) 240€

家賃

Netto-Kalt-Miete(Nebenkostenを除いた家賃)  契約書参照

Nebenkosten

2.97€x部屋の広さ(㎡)

これらを合計したのが住まいの必要経費です。

ここから収入や奨学金がある方はそれらが引かれ、さらにプライベート健康保険は控除されます。

そして経費から収入等が引かれ残った額を、Sperrkontoなど銀行口座で保証しなければなりません。

 

なお、管轄の外国人局によっては、Sperrkontoだけ認めていたり、ドイツの普通預金口座でOKというところもあったりするようです。

 

一番の問題は、管轄の役所で対応が違い過ぎることなのですが・・・・

 

皆さんも忍耐強くビザ申請には望んでください。